アコム

カードキャッシングの選択に欠かせないのは金利だと思いますが、上手に金利を比較していますか?

 

それに金利自体の水準もよく観察していますでしょうか。以前までは銀行のカードキャッシング等が金利では圧倒的な低金利を獲得していました。しかし、消費者金融にもある動きが見られます。

 

 

銀行と比較しても金利が低い水準となっており、境目がなくなっている状況です。もちろん全てではありません、金利(実質年利)の%がちょっと高いのでは?と思うところも実際あります。そこで最低の金利の%で比較してみると、今もっとも旬なのは、銀行系消費者金融の存在が大きいですね。つまり銀行系列、グループの消費者金融です。

 

 

銀行自体のカードキャッシングでは全体的に4.0%〜となっておりますが、銀行系消費者金融も4%ぐらいからの非常に低い金利を実現しています。アコムも4.7%〜となっています。それに他銀行と比べても、やはり同じようにすごく低い位置での金利を実現しております。どの銀行や系列も消費者を獲得するのにかなりアツイ競い合いをしているので、このような低金利を提供出来るのですね。

 

 

それに消費者金融の人気のランキングで上位をいつも占めているのも、やはり銀行系列の消費者金融なので、かなりの人気ぶりが見受けられます。このことからも、私の今現在のお勧めとしては、銀行系列の消費者金融がベストだと思います。そこのところを意識して、ちょっと比べてみて下さい。おそらくその違いがすぐにでも認識出来るかと思います。

審査も契約もできるアコムむじんくんの使い方

アコムのむじんくん、その使い方を見てみましょう。
公式ホームページにはタッチパネルで操作、くらいのことしか書かれていませんので実際の中がどのようになっているのか不安に感じているかと思います。
流れを知ることでおそらく不安は解消されるでしょう。

 

むじんくんの中に入るとさらに個室があります。
その個室が契約機となるむじんくんになりますが、個室に入る前に申込書が用意されています。
個室の中にも申込書はありますが、個室にすでに先客が入っている場合には待っている間に申込書に記入をしておきましょう。

 

個室の中にあるのはむじんくんの契約機です。
一見してATMのようになっており、タッチパネルで操作する機会となります。
自動音声で説明が流れますので混乱することはないでしょう。
指示に従って手続きを進めていくばかりとなります。
申込書は記入が完了していますので、タッチパネルに表示される項目の中に申込書の記入について出てきたら記入完了をタッチします。
すると申し込みを画面に置くように支持されますので取り込まれるのを待ちましょう。

 

申込書が取りこまれるとオペレーターから電話があります。
電話と言っても携帯電話にではなく、タッチパネルの横に直通の電話が設置されていますのでその電話が鳴ります。
その後審査があり20分ほど結果ましになります。
審査に可決すればその場で契約書にサイン、カード発行となります。
どうでしょうか?
いたって簡単だと思います。
思い切ってむじんくんに向かってみましょう。


このページの先頭へ戻る